人文学部

フィールドに出る人文学部The School of Humanities: Promoting field experience

「人文学部」というと、
“図書館に籠って本を読んでいるだけ”といった印象を抱く方もいるかも知れません。
確かに、幅広い人文科学の中には、文献研究をその方法論の中心に据えている領域もあります。
明星大学の人文学部の4学科では、書物や授業からの学びももちろん
重要ですから各学科の授業の充実をはかるとともに、4学科の学びの特色に応じて、
大学の内外の様々なフィールドでの体験を重視した教育を行っています。

人文学部の特色The School of Humanities:
Distinctive Features

人文学部には、4つの学科があります。学びの内容や目標は、学科によってもちろん異なりますが、4学科の共通点は、それぞれにフィールド《現場》を持っていることです。持っていることです。そこには、教室ではできない体験があり、そこでしか出会えない人々がいます。人文学部の学びは、「人」と関わっています。

学科の特色へ

未来を切り拓く力を育てる人文学部Breaking new ground for tomorrow

学生の皆さん一人ひとりの未来を、皆さん自身が切り拓いていくために必要なことは、大学の教室でももちろん学べます。
しかし一方で、各学科の学びのフィールドで出会うたくさんの人々や出来事からも、多くを学ぶことができるのです。
授業で学んだ専門性を備えつつフィールドに出て広く他者や社会と関わる体験を通じて、
人文学部は、「自分の未来を自分自身で切り拓くことのできる人材」を育てます。