英米文学

本専攻では、言語教育、コミュニケーション理論、言語学、英米文化・文学、比較文化・文学・異文化理解、国際関係論の各領域を通して、実践的な知識と技術の養成を目指します。本専攻の大学院生には、教室内の指導だけに留まらずに、学内および国内外の学会において、研究成果を積極的に発表する機会を与えています。教員志望者には、専修免許状の取得と、それに見合う実践的な教育技術を習得できるように指導しています。
英米文学

Home > 専攻 > 英米文学

教員

岩下 俊治

John E. Ingulsrud

川又 孝徳

菊地 滋夫

張 暁瑞

住本 規子

高島 美穂

田中宏昌

趙 海城

深田 芳史

細谷 等

毛利 聡子

入学定員

入学定員

英米文学 博士前期課程

10

英米文学 博士後期課程

3

アドミッションポリシー

■ 博士前期課程

- 本専攻に入学する学生は、英語による基礎的な文書作成・読解ができる。
- 同院生は、指導のもとに、研究課題を設定・遂行できる。
- 同院生は、指導のもとに、研究課題の適切な調査・分析ができる。
- 同院生は、異文化に対する深い関心をもつことができる。
- 同院生は、他者とのコミュニケーションを通して、学問的な交流ができる。

■ 博士後期課程

- 本専攻に入学する大学院生は、英語による文書作成・読解ができる。
- 同院生は、独自の研究課題を設定・遂行できる。
- 同院生は、複眼的視野で、独自の研究課題に関する適切な調査・分析ができる。
- 同院生は、課題解決に必要な知識・情報を収集・分析できる。
- 同院生は、他者との円滑なコミュニケーションを通して、学問的交流ができる。

予定されるカリキュラム

科目名

単位

異文化特別研究a・b

各2

異文化特別研究c・d

異文化特別研究e・f

イギリス・ルネサンス演劇研究a・b

イギリス・ルネサンス演劇研究c・d

イギリス・ルネサンス演劇研究e・f

英米文化特別研究a・b

英米文化特別研究c・d

英米文化特別研究e・f

現代英語統語論a・b

現代英語統語論c・d

現代英語統語論e・f

科目名

単位

談話分析a・b

各2

談話分析c・d

外国語教育a・b

外国語教育c・d

比較文化特別研究a・b

比較文化特別研究c・d

比較文化特別研究e・f

英語教育特別研究I(教授法)a・b

英語教育特別研究I(教授法)c・d

英語教育特別研究I(教授法)e・f

英語教育特別研究II(教育理論)a・b

英語教育特別研究II(教育理論)c・d

科目名

単位

英語教育特別研究II(教育理論)e・f

各2

英語教育特別研究III(カリキュラム開発)a・b

英語教育特別研究III(カリキュラム開発)c・d

英語教育特別研究III(カリキュラム開発)e・f

Special Topics in English a・b

Academic Writing a, b

各1

国際関係特別研究a・b

各2

国際関係特別研究c・d

博士前期研究指導Ia・b

各1

博士前期研究指導IIa・b

博士後期研究指導Ia・b

博士後期研究指導IIa・b

博士後期研究指導IIIa・b

※年度によって開講科目は異なります。休講になる場合もありますので、予めご了承ください。

課程修了の要件および学位

人文学研究科
英米文学専攻

博士前期課程

博士後期課程

修士(英米文学)

博士(英米文学)

■博士前期課程:同課程に2年以上在学して、専攻科目について必修科目を含む30単位以上を修得し、更に修士論文を提出し、学位論文審査および最終試験に合格しなければならない。
■博士後期課程:同課程に3年以上在学して、専攻科目について必修科目を含む12単位以上を修得し、博士論文と指定された書類の提出および審査料を納めた上で、学位論文審査および最終試験に合格しなければならない。
※法令の改正に伴う学則変更により、修了の要件が変わる場合があります。

〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
Tel: 042-591-5111(代表)