心理学

博士前期課程は、①一般心理学コース、②臨床心理学コースの2コース制で、出願時にいずれかを選択します。一般心理学コースでは、実験心理学(知覚・認知・記憶・学習)、神経心理学、発達心理学、社会心理学、産業・組織心理学など幅広い領域におよぶ専任教員の指導の下で研究を深めます。臨床心理学コースは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から「臨床心理士養成第1種指定大学院」に認定されており、課程修了に伴って臨床心理士受験資格を取得できます。
心理学

Home > 専攻 > 心理学

教員

石井 雄吉

岡林 秀樹

尾野 裕美

黒岩 誠

小貫 悟

境 敦史

柴崎 光世

竹内 康二

丹野 貴行

林 幹也

福田 憲明

藤井 靖

入学定員

入学定員

心理学 博士前期課程

10

心理学 博士後期課程

3

アドミッションポリシー

■ 博士前期課程

- 心理学の諸領域に関する幅広い基礎知識を有していること。
- 適切なデータ収集及び解析方法に関する知識を有していること。
- 実験・調査・事例研究などの心理学の研究方法論を理解し、具体的な研究計画を立案できること。
- 英語の科学的論文や文献を読み、その内容を把握できること。
- 対人援助の高度専門職業人としての資質・適性を有していること。(臨床心理学コース)

■ 博士後期課程

- 心理学の諸領域に関する幅広い基礎知識を有していること。
- 適切なデータ収集及び解析方法に関する知識を有していること。
- 実験・調査・事例研究などの心理学の研究方法論を理解し、具体的な研究計画を立案できること。
- 英語の科学的論文や文献を読み、その内容を把握できること。
- 研究成果を学界ならびに社会に還元し、学術や社会の発展に貢献しようとする意欲を有すること。

予定されるカリキュラム

科目名

単位

臨床心理学特論A・B

各2

臨床心理面接特論A・B

臨床心理査定演習A・B

臨床心理基礎実習A・B

各1

臨床心理学特別実習A・B

臨床心理実習IA・B

臨床心理実習IIA・B

投影法特論A

2

投影法特論B

心理療法特論A

心理療法特論B

発達臨床心理学特論A

発達臨床心理学特論B

心身医学特論A

心身医学特論B

精神医学特論A

精神医学特論B

心理学研究法特論A

心理学研究法特論B

心理統計法特論A

心理統計法特論B

発達心理学特論A

発達心理学特論B

学習心理学特論A

学習心理学特論B

科目名

単位

認知心理学特論A

2

認知心理学特論B

教育心理学特論A

教育心理学特論B

神経心理学特論A

神経心理学特論B

社会心理学特論A

社会心理学特論B

産業・組織心理学特論A

産業・組織心理学特論B

社会病理学特論A

社会病理学特論B

家族心理学特論A

家族心理学特論B

障害児心理学特論A

障害児心理学特論B

学校臨床心理学特論A

学校臨床心理学特論B

心理学特別研究IA・B

各2

心理学特別研究IIA・B

臨床心理学特別研究IA・B

臨床心理学特別研究IIA・B

心理学特別研究IIIA・B

心理学特別研究IVA・B

心理学特別研究VA・B

※年度によって開講科目は異なります。休講になる場合もありますので、予めご了承ください。

課程修了の要件および学位

人文学研究科
心理学専攻

博士前期課程

博士後期課程

修士(心理学)

博士(心理学)

■博士前期課程:同課程に2年以上在学して、専攻科目について必修科目を含む30単位以上を修得し、更に修士論文を提出し、学位論文審査および最終試験に合格しなければならない。
■博士後期課程:同課程に3年以上在学して、専攻科目について必修科目を含む12単位以上を修得し、博士論文と指定された書類の提出および審査料を納めた上で、学位論文審査および最終試験に合格しなければならない。
※法令の改正に伴う学則変更により、修了の要件が変わる場合があります。

心理相談センター

人文学研究科心理学専攻(臨床心理学コース)は、(財)日本臨床心理士資格認定協会から、臨床心理士養成第1種指定大学院の認可を受けています。この第1種指定大学院では、在学中に十分な臨床経験を積む必要があるため、実際の外来相談者を受け入れる心理相談機関を持つことが決められています。そこで本学が設置しているのが、心理相談センターです。
このセンターは、多摩都市モノレール駅下車1分の交通至便な建物の1階にあり、心理面接や心理テストに用いる個室が6部屋、プレイルームが2部屋、集団プレイルームが1部屋、その他に院生室、専門相談員室などを備えています。
臨床心理学コースの大学院生はセンター研修員として、専任教員や専門相談員のもとで外来相談者に対するカウンセリングや子どものプレイセラピーなどの臨床心理的援助や学習支援などを担当します。このトレーニングは、「臨床心理学特別実習」という科目に位置づけられ、毎年約3,000回のセッションが行われています。近年は相談ニーズも多様化し、様々な相談内容に対応できる体制を目指しています。このように多く利用されているのは、大学院生が地域の小中学校でスクールカウンセラーの実習を行うスクールカウンセラー・インターン制度により、教育機関とよい連携関係にあり、さらに、専門相談員が地域の医療・福祉機関と密接に連携している成果といえます。
また、地域貢献として、各種の相談以外に公開講演会も開催しています。

■ 施設利用例

◎例えば子どものための心理援助
成人、子どもを問わず、様々な心理的問題に対応できるスタッフが揃っています。同センターで最も多い相談内容が子どもの不適応に関するものです。不登校、軽度発達障害(LD・ADHD・高機能自閉症)、その他、あらゆる相談があります。こうした相談に対しては、子どもへのプレイセラピー、箱庭療法、SST、カウンセリングなどで対応します。また、多くのケースに保護者との並行面接を実施し、子育てへの支援やカウンセリングを行っています。
心理相談センター

〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
Tel: 042-591-5111(代表)