学科の特色

  1. トップ
  2. 学科の特色
  3. 人間社会学科

カリキュラムの特徴

現代社会を実践的に理解する
グローバル化や情報化の進展などによって、めまぐるしく変化し続けている現代社会。人間社会学科では、「変動期の学問」である社会学が積み上げてきた理論や手法を学ぶことで、社会の仕組みを理解し、変化する社会を読み解き、誰もが生きやすい社会をつくるために必要な知識とスキルを、4つのコースを通して体系的に身につけることができるような実践的なカリキュラムを用意しています。

どんな人材を育てたいか?

社会を読み解き、自分で人生をデザインしていく力を身につける
多様で複雑な現代社会で思い通りの人生を歩んでいくためには、いま自分がいる社会がどのような状況にあるのか、常に読み解いていかなければなりません。そのためには、社会と積極的に向き合う「主体性」、他者と協働して社会をつくる「社会性」、いろんな考え方を受け入れる「柔軟性」、広い視野を持ちながら社会を論理的かつ実証的に捉える「分析力」が必要です。この4つの柱が備わることで、社会の一員として活躍しながら、自分が望む未来を切り拓く力が身につきます。

資格取得

人間社会学科では、社会調査士の資格を取得することができます。社会調査士とはアンケート調査やインタビュー調査の手法を学んで社会調査を行う能力と、統計や世論調査の結果を読み解く能力とを備えた「社会調査の専門家」です。「一般社団法人 社会調査協会」の認定を受けた本学科の該当科目を履修・修得することで、卒業時に資格を得ることができます。社会分析の重要性が高まっている今、社会調査士は社会に必要とされる人材です。
また中学校の社会科、および高校の公民の教員免許も取得できます。社会学の知識を備えた、生徒たちの「生きる力」を育成できる社会科教員になることができます。そのほか、図書館司書、学校図書館司書教諭、社会教育主事任用資格の取得も可能です。

カリキュラム表