学科の特色

  1. トップ
  2. 学科の特色
  3. 福祉実践学科

カリキュラムの特徴

福祉の実践力を身につける!
子育て支援・障がい者雇用支援・高齢者支援・まちづくり・商品開発・顧客対応など、社会のあらゆる分野で福祉の理念を実践できる人が必要とされています。福祉実践学科では、福祉専門職の資格取得に必要な科目だけでなく、福祉機器やマイノリティ、障害学といった幅広く複合的に学べる科目を履修し、フィールドワークや福祉施設・一般企業での実習やインターンシップを通して、福祉の実践力を高めることができます。

どんな人材を育てたいか?

多文化共生社会を支える福祉職業人・福祉社会人を育成
学科では、「誰かの役に立ちたい」という思いを4年間かけて形にしていきます。体験を重視したカリキュラムに基づき、大学での講義だけでなくグループ学習やフィールドワーク、実習等の機会を通して、社会のさまざまな課題やニーズとその解決方法・多職種連携の方法を多面的に学びます。その過程で各自の適性を見出し、社会福祉士・精神保健福祉士・スクールソーシャルワーカー等の福祉専門職や、一般企業で福祉の知識を生かして活躍できる人として社会に巣立っていってもらいたいと考えています。

資格取得

福祉実践学科では、福祉専門職人として社会で活躍する時に必要な、社会福祉士国家試験受験資格、精神保健福祉士国家試験受験資格、スクールソーシャルワーカー、社会福祉主事任用資格、児童指導員任用資格、児童福祉司任用資格、身体障害者福祉司任用資格、知的障害者福祉司任用資格、社会教育主事任用資格が取得可能です(4年間で取得可能な資格の組み合わせには上限があり、別途実習費などが必要です)。社会福祉士と精神保健福祉士の試験を受ける人のための対策講座もあります。また、一般企業に就職して福祉の知識を役立てたい人のために、福祉住環境コーディネーター2級・3級、手話技能検定3級・4級の資格取得支援を行っています。そのほかに、図書館司書も取得可能です。学生自身の目標やキャリア形成に向けてきめ細かい対応を行います。

カリキュラム表