学科の特色

  1. トップ
  2. 学科の特色
  3. 日本文化学科

カリキュラムの特徴

日本の文化を多様な視点でとらえ、その意味や価値を深く探求する
日本文化学科では、日本文化に関する事を幅広く学びます。古典文学や近現代文学だけでなく、宗教や生活など様々な観点から歴史を読み解く日本史学、方言や女性・男性言葉を研究する言語学、映画・漫画・アニメなどを研究する視覚文化、能や歌舞伎をはじめとする伝統文化を学ぶ事ができます。特定のジャンルを掘り下げたり、複数の要素を比較検討したりして、日本文化の過去・現在・未来を探求します。

どんな人材を育てたいか?

ことばをチカラに、文化を味方に―日本文化を理解し発信する
アニメや食などのさまざまな文化が注目され、外国人観光客も増えている現代の日本。日本文化学科では文学や言語、伝統文化から最新の文化までを幅広く学び、世界に発信できる能力を身につけていきます。
ことばをチカラに、日本文化をほんとうの味方に。世界との距離が近くなった今、習得した知識と能力はあらゆる分野で活かすことができます。中学・高校の国語科教員、図書館司書(公務員)、出版関係、広告・印刷関係をはじめとし、流通、サービス、金融などの業種で活躍する人材を育成します。

資格取得

日本文化学科では次のような資格を取得することができます。
中学校・高等学校教諭一種免許状(国語)
本学科では伝統的にもっとも目指す学生が多い資格です。毎年多くの学生が資格を取得し、近年とくに教員に採用される学生が増えています。

博物館学芸員
学芸員にあこがれる学生も多く、志望者の多い資格です。日本文化学科には学芸員資格を持った実習指導員がおり、さまざまなアドバイスを受けることができます。

図書館司書
図書館司書を将来の夢と考える学生も少なくありません。司書の資格をとることでその夢に近づきます。

学校図書館司書教諭
学校図書館を担当する教員に必要とされる資格で、国語科教員免許と一緒にとる学生が多いようです。

社会教育主事任用資格
「社会教育主事」とは、自治体の教育委員会に置かれる専門職員で、社会教育を行う者に対する専門技術的な助言、指導をする役割です。

カリキュラム表